牛角

今日はハロウィン。ということで牛角富田林店に行ってきた。はい。ハロウィンとは関係ないです。

牛角

東京の友達に案内されて池袋の牛角に初めて行ったのがかれこれ5年前。行列に驚いた。関西にも牛角があるなんて知らなかった。焼き肉に行くなら、牛角はオススメです。僕がいいなと思う点を挙げると、
・当たり前だけど肉が美味しい
・よく管理された炭火で簡単に美味しく焼ける
「ねぎ塩」というトッピングがめちゃ美味い
など。位置づけ的には、安さがウリの大衆焼き肉チェーンと、高級焼き肉チェーンの中間くらい。店の雰囲気もいい。牛角はどの店に行っても店員の対応が良かったので、教育がしっかりしてるんだと思う。何も言わなくても網を頻繁に換えてくれるのはすごく嬉しい。

その昔、僕の家は木で風呂を焚いていたので、炭を七輪に入れて、ブリやトウモロコシなどをうちわでパタパタと扇ぎながら焼いたものだった。強い風を送る度に炭が赤く照って、子供心に妙なやりがいみたいなものを感じて必死になっていたのを覚えている。
炭火で焼くとなんでも美味しくなるから不思議だ。

カラオケ

UGA

1 かたちあるもの 柴咲 コウ
2 ハナミズキ 一青 窈
3 瞳をとじて 平井堅
4 さくらんぼ 大塚 愛
5 CAROLS 浜崎あゆみ
6 ココロオドル nobodyknows+
7 AM11:00 HY
8 ロコローション ORANGE RANGE
9 世界に一つだけの花 SMAP
10 Song for・・・ HY

これがカラオケの最新ランキングだそうである。(UGAランキング10/22~10/28)
学校の飲み会の二次会でカラオケに行った。ランクインしてる曲を歌った者など一人もおらず。当然と言えば当然だけど、なんともまあ、時代を感じさせる年代に僕もさしかかっているということか。大学の頃はカラオケで歌うためにCDをレンタルで借りてたようなものだったけど、それから考えると今は歌うことを想定せずに音楽を聴いてるなあ。
解散してから、友達の案内で美味しいと太鼓判のラーメン屋に行ってみたけど、またまた閉まってた。夜やってないんじゃないのここ…同じ系列の別の店舗にて、食べました揚子江ラーメン。透明スープであっさり味で美味しかった。でそのあと東通りの居酒屋に酔い覚まし兼ねてウダウダと朝4時頃までいた。そのあと車で寝て、起きたら朝の7時30分だった…
というわけで、ちょっと二日酔いっぽい感じです。今日もスポーツジムに行かない予感。今月まだ数回しか行ってないな…

正夢

正夢

正夢

  • アーティスト: スピッツ, 草野正宗, 亀田誠治
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2004/11/10
  • メディア: CD

 どうか正夢

 君と逢えたら

 なにから話そう

 笑って欲しい

スピッツの新曲「正夢」のサビ。ドラマ「めだか」の主題歌。
スピッツは寂しい曲が多くて最近避けてたけど、この曲はイイと思う。
オンエアが解禁されたのか、帰り道にカーラジオから流れていたこの曲に思わずボリュームを上げた。
もしかしたら名曲かもしれない。

デイ・アフタートゥモロー

デイ・アフター・トゥモロー

デイ・アフター・トゥモロー

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2005/03/16
  • メディア: DVD
この映画は公開時に「観てみたいな」と思ってたので、レンタル開始を楽しみにしてた。「アルマゲドン」「エンド・オブ・ザ・ワールド」など、この手の「この世の終わり系」の映画に必ず盛り込まれる「驚愕のCG+ヒューマンドラマ」で展開される映画である。

総評:★★★★☆
ストーリー:★★★☆☆
映像:★★★★☆
音楽:★★☆☆☆

評価は少々甘いかもしれないけど、観て損ってことはない。
この映画で僕がいいなと思ったのは、隕石とか核爆発とかじゃなく、異常気象でしかも「めっちゃ寒くなるけど、どうしよう?」っていう展開にしたこと。自然、それも極寒になると嘘っぽさが減ると思う。運良く(?)今日は秋らしからぬ寒い夜だったので、感情移入しやすかった笑。

最近レンタルビデオに行く回数増えてるな。 新作は当日返却作戦でコストを下げてるけど。
次に借りる映画はもう決まってます。「スクール・オブ・ロック」。僕が今年、映画館で唯一涙と笑いの両方の感情を体感できた作品だ。予想通りTUTAYAでも新作ランキングからも外れたコーナーに置いてあったので、すぐ借りられると思う。この作品が僕の今年のNo.1だと思ってるので、その確認の為にもう一度観てみよう。

ヴァキューミング

ヴァキューミング ヴァキューミング
ティモシー・スポール (2004/08/06)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る
週末に借りたDVDはこれです。TUTAYAのミニシアター系コーナーにて。
ヒマな人は他の人が書いたレビューとか読んでみましょう。

総評:★★★☆☆
ストーリー:★★★☆☆
映像:★★★★☆
音楽:★★★★☆

って感じかな。「トレインスポッティグ」のダニー・ボイル監督の作品ということと、下品な笑いの予感がしたので借りたんですが、ちょっと期待は外れました。
僕が思ってたよりもうちょっとシュールで雰囲気にこだわった作品だった。どこかもの悲しく廃退的な演出は「トレイン~」に通じるところあり。でも主人公がこのルックスなので、美的要素(雰囲気も含めて)がなかなか伝わってこないッス…汗

自分が関西人だからということもあるけど、掃除機のセールスマンでこのルックスときたら、もうネタがてんこ盛りな感じがして、もうちょっとドギツイ笑いを期待しちゃう。英語圏ならではのバカなジョークとか、もう少し欲しかった。

この僕の評価を、コンビを解消する芸人の記者会見コメントに例えるなら、「方向性の違いッスかね…」というところです。
狙いはわかるけど、僕はこの評価で。スイマセンm(_ _)m

羽曳野グルメ便り

前回ラーメン屋を発見したことを書いたけど、結局行きませんでした。
代わりにというか、ビッグジョーに行ってきた。

びっくじょー

ここは外環沿線では数少ない、他の土地の人にオススメできる店である。
ハンバーグの店「ステーキハウスビッグジョー」と、ちゃんこの店「味喰笑(びっぐじょう)」がある。どっちも美味しいし、駐車場も広いし、店内も綺麗だし、サービスもそこそこ良いと思う。
社長は昔「若の富士」という名前の力士で、その時のあだ名がビッグジョーということで店の名前にしたらしい。

ちゃんこを食べたけど、普通にちゃんこを注文しただけでお腹がいっぱいになって死にそうになった。最後におじやを注文するのは決死の思いだった。緑色のゆずとワサビを混ぜたような薬味があって、これを入れるとかなり美味しい。

ビールを2杯飲んで一人4000円いかない値段は味とか雰囲気を考えるとリーズナブルと表現して良いと思う。これを読んで興味が湧いた人は行ってみてはどうでしょう。羽曳野市役所のすぐ近くです。
ちゃんこの店のほうは予約すると別館に案内してくれる。ちょっと上流階級気分になれるはず。

ラーメン発見伝

梅田で学校の友達と飲んで、帰りにラーメンを食べた。

でも店の名前を既に忘れてしまった…新地のトンコツラーメンだった。
この歳になって初めて大阪の新地を歩いた。「おお、これが新地か!」と感動したけど、銀座や新宿を知ってると、やっぱりショボいといえばショボかった。
梅田から少し離れたこの場所にわざわざ来る理由は、やっぱり綺麗なママさんとお酒を飲めるという理由につきるんだろな。
ママさんチックな女性もラーメン屋さんなどでポツポツ見受けられ、深夜2時に見るには良い風景だった。ゴチです。

飲んだ後に食べる美味しいラーメン屋を探してウロウロして新地まで行ったんだけど、もっと有名なところはないのかなぁとネットで探していたら、逆に自分の近所に有名なラーメン屋があることを発見した。

ラーメン屋

おいおい、これこそRoute170というHPのタイトルにふさわしいじゃないか。やっと地元ネタだ。
外環のTUTAYAのちょっとむこうにある「長浜ラーメン ごん太」というラーメン屋らしい。本場九州の流れを汲むトンコツらしい。さっそくこの週末に行ってみることにしよう。

ラーメンのHPって本当に多い。表現も「トンコツと魚貝類系の重層スープが織りなす味わいは…」とか本格的だ。
僕も「ラーメン発見伝」というマンガを読んでてそこそこ知識はあるけど、肝心の舌がたいしたことないので。

僕が今まで食べたラーメンの中で一番美味しいと思った「純連」(「すみれ」と読みます)が新横浜ラーメン博物館を卒業するらしい。東京に行ったらまた食べたいと思ってたので、とても残念。

衣替え

遅ればせながら衣替えを意識した。

というか着る服があんまりナイ…なんかイヤだなこの状況。
パンツ

パラシュートパンツだと思って去年買ったものが1本、僕のワードローブの中では比較的新しいものとして大きな顔をしていたので、今日はいてみた。
暑い…暑すぎる。電車の中で大汗かいてしまった。通気性が悪いし、真冬しかはけないな、これは。まるでスノボにでも行くみたいだ。今の時期に中綿は無茶だ。

服を真剣に吟味しなくなって久しいけど、冬物は長く着る場合が多いし、せっかく大阪に戻って時間もあるので、良いものを選んで買いたい。ただ、お金ないんスよね…悲しいことに。無職故に。
でも吟味するくらい自由でしょ、と思ってネットを見てたらユナイテッドアローズ15周年記念商品の中にメチャ欲しい靴を見つけてしまった。服じゃないけど。でもかっこいい…僕は昔からコードヴァンのローファーが好きで、リーガルとか、B級品ばかり買ってた。けど、これは本物だ…オールデンのベニーローファー。税込\92,400…無理だって…涙

雨上がり決死隊

雨上がり

雨上がりにゃ ええことある
明日になりゃ ええことある
泣いてもまた ええことある
ボロボロでも ええことある
元気やもん ええことある
DO・・・パラダイス

無理矢理「イン・ザ・ムード」に歌詞をのせた瀬戸内少年野球団の主題歌「瀬戸内行進曲」。雨上がりに夕陽を見た時なんかに、この歌が頭をよぎる。今この歌が頭をよぎったということは、明日は晴れでしょう、たぶん。
今回の台風は超大型と言われてた割にたいしたことなかったな、僕の街では。(というか表現としては村だろうかココは)

しかし、稲刈りのダメージから回復するまでにかなり時間がかかりましたよ。日記もサボってしまった。今日は「就職活動日」ということで学校が休みだったけど、台風だったし、ずっと家でボーっとしてました。

稲刈りすりゃ ええことある
明日になりゃ ええことある…

稲刈り

家の稲刈りを手伝った。

稲刈り1

農作業には「重労働」のイメージがある。汚れる、汗をかく、力仕事、腰が痛い、などなど。でも実際自分でやってみると…やっぱり、重労働である笑。それ以外のナニモノでもない。死ぬかと思った。

だいたい僕は昔大阪にいた頃は家の手伝いなどしたことがなかった。休みの日は友達と遊んでるか、彼女とデートしてるか、どっちかである。とにかく家にいることなんて少なかった。それが最近家にいることが多いせいで、知らない間に作業員のメンバー構想に組み込まれていたようだ。勇気を出して言おう。「たいへん迷惑デス」と笑。

稲刈り2

確かに稲が刈られたばかりの田にはカエルが飛び交い、クモが走り、空は青く、風は汗をかいた体に心地よい。天高く馬肥ゆる秋。「ああ、これが田舎生活か…」などと体験作業の人は思うんだろう。
でも家手伝いの一環としてこれがあるって、なんて言うか、切ない笑。夕暮れ前まで作業が続くと、もうフラフラだ。いつもスポーツで鍛えてる訳じゃないし、乳酸が猛チャージされて筋肉痛のラッシュである。
とにかく終わって良かった。これは毎回頼まれ続けたら、一人暮らしを考えてしまうかも知れない…

イノセンス

押井守監督のアニメイノセンスを借りて観た。

イノセンス スタンダード版 イノセンス スタンダード版
沖浦啓之、竹内敦志 他 (2004/09/15)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
この商品の詳細を見る

この映画は一度劇場で観た。東京から戻る最後の1週間、仕事を辞めて毎日ブラブラしてた時に暇つぶしに映画館に入った。なんでも良かったので、一番空いてる映画を選んだ。予備知識もなかったし、動き回って疲れていたので、椅子に座ってすぐに寝てしまった。
だから全然内容を覚えてない。せっかくだからもう一度観てみることにした。

で、観てから気付いたけど、「攻殻機動隊」の続編というかサイドストーリーみたいな話らしい。マズイ。攻殻機動隊も昔観たけどはっきり覚えてない…

なんとなく理解した部分も多かったけど、正直言って一番感動したのは祭礼のシーンのCGの映像美だった。なんというか、かなり消化不良。

しょうがないから、今日は攻殻機動隊をDVDで借りて観ようと思う。その昔、エヴァンゲリオンが流行った時に拒絶感を覚えてから、この手のアニメはあんまり観なかったんだけどな。スッキリすれば、まあそれでもいっか。

スナフキン

スナフキン

ムーミンつながりということで。

スナフキンに悪い印象のある人はいるのだろうか。放浪の吟遊詩人。ムーミンが一番尊敬する思想家。寂しげな瞳とムーミン谷にあって限りなく人に近いルックス。全く悪くない。男性のある種の憧れとも言える。

でも僕は子供の頃、スナフキンが苦手だった。

僕の子供の頃のスナフキンのイメージ。
・いつも一人でテントを張って寝る
・いつも釣りをしてるか焚き火をしてる
・ギターを持つと寂しげな歌を歌う
・「また南の国に行っちゃうの?」とムーミンが止めても聞かない
パルナスのキャラクターとかぶっている

ざっとこんな感じ。
彼の歌は「おさびし山の歌」として有名だけど、子供の頃にはそのリリックでセンシティブな感覚は「寂しい」というイメージでしかなかった。ハードボイルドな一匹狼のスタイルは「孤独」というイメージでしかなかった。
要するに彼には安心材料である「家庭」や「調和」や「仲間」の要素が全くなく、神出鬼没な性格は「いざとなった時に頼りにならない」という不安要素でしかなかった。なのにどこか惹かれるその魅力の謎に答えがなかった。

ところが、いつしか彼の生き方が徐々に納得できるようになり、肯定的に彼を見るようになっていた。
著者のトゥーウ゛ェ・ヤンソンは「スナフキンのモデルは誰ですか?」と聞かれ「スナフキンのように自由で、何も怖がらずに、やりたいと思ったとおりにできたらどんなにいいかしら」と答えたそうだ。モデルは無いのだろう。
人は大人になるにつれ、色々なものを身につけ始める。そしてある時期がくるとそれが疎ましく、余分に思うようになる。それを自由に取捨選択できるスナフキン、子供の頃には必要のなかった勇気を持つ男、スナフキン。自分の中にスナフキンへの憧れを感じたら、それは大人になったということなんだろう。

おさびし山の歌

雨にぬれ立つ おさびし山よ
我に語れ 君の涙のそのわけを
雪降り積む おさびし山よ
我に語れ 君の強さのそのわけを
夕日に浮かぶ おさびし山よ
我に語れ 君の笑顔のそのわけを

関係ないが、「とかなんとか言ってみちゃったりして」のナレーションでお馴染みの広川太一郎が、「な、ななな、なぁ~んたる事態でしょうか、はてさて弱りました困りました」のスノークの声を担当していたと知って、いまだに芸風が変わっていないと痛感した。

ミムラ

ミムラ

今日学校の昼休みに友達と話していて、最近気になる女性タレントは誰か?という話題になった。無職の男3人がそれぞれ挙げた名前は、優香りょうミムラ、である。かなり年代差を感じるバラツキだ笑。僕(32歳)が挙げたのがミムラ。小雪も好きだけど、今はこの人。一人挙げろって言われてりょうを選ぶ男も変わってると思うけど、ミムラってどう?さまぁ~ずの三村のことではない、もちろん。一応言っとくと。

僕はビギナーというドラマで主演してるこの人を見て、まさか新人とは思わなかった。そこそこ下積みがあって、今回やっと主演、みたいな感じの人なのかな、と思ったら、このドラマのオーディションに合格していきなり主演女優でデビューの人らしい。オダギリジョーも僕はけっこう好きなので、このビギナーというドラマは良く見てた。放映時は仕事が忙しくて見れてないはずなので、どっかのタイミングで再放送を見たんだと思う。なかなか好きなドラマだった。我修院達也(旧名:若戸章)も出てたし笑。

で、彼女が今主演してるのが火曜夜9時に放送しているめだかというドラマ。まあまあ面白い感じがする。オレンジデイズで啓太の役をやってた彼も出演してます。まあ青春もの、かな。でも第2回は見逃した…

このミムラという人には、なんか可能性を感じる。カワイイから好きとか、スタイルが好きっていうのとは違った感じ。いい雰囲気でテレビに映る人だなあと思う。
アサヒ飲料『にごらせ旨茶』のCMで腰を振ってた女性、と言えば思い出す人が多いかも(あのCMの声は笑福亭笑瓶です)。ちなみにミムラという名前はムーミンに出てくる、ミイのお姉さんの名前からとったそうです。

だんじり渋滞

だんじり

体育の日、祝日である。各地でだんじり祭り開催中。

ということをあまり意識しないで昨日、富田林高校(母校です)の近所をフラフラ走っていたら、だんじりの行列の後方にあたってしまい、進めなくなった。
ここのだんじりは変わってた。「ワッショイワッショイ、ソレソレ…」とかけ声があるのは普通だと思うけど、流れてくるメインは普通の「歌」だった。

ああ、幸せのとんぼがぁ~♪
(ワッショイワッショイワッショイワッショイ)
舌をだしてえぇ、笑ぁってら~♪
(ソレソレソレソォレ)

こんな歌詞だったかどうかは恥ずかしくて聞き入れなかったので覚えてないけど、そんな調子。普通の歌謡曲におはやしの相づちが入る。なんていうか、ごく控えめに表現して、変わってる。
たぶん御輿の上の男性と数人がメガフォンみたいなので歌ってるんだろう。祭りの熱にほだされて歌ってしまうのだろうか。毎年、この歌の役は争奪戦なのだろうか…いやぁ…あとで思い出して「恥ずかしい青春の1ページ」に入る部類でしょコレは…そんなことを後方でトロトロ走りながら思った。

とにかく参ったなぁ…(色んな意味で)と思いながらバックでUターンして回避。滝谷不動尊に行って(ここは平和でのどかだった)、旧外環状を帰路に。で、古市駅前を通ろうとしたら、今度は通行止め。迂回誘導された道に入った途端に渋滞で、いっこうに進む気配ナシ。またUターンして、石川沿いの道を藤井寺まで抜けて、やっと家に帰ってきた。なんだか大冒険である。

交通標語。
「気をつけよう、まつりばやしと歌の声」(イマイチ)

オデッセイ・キーリング

オデッセイ記念

行ってきましたディーラーに。
今回はコーヒーも出ませんでした笑。これもらうだけなので、逆に飲み物出てきたら恐縮したけど。ちなみに台風の日に行ったのでお客は僕だけ。
あんまり期待してなかったけど、けっこう良い感じだったので、今までのキーホルダーを外して付け替えました。

写真じゃちょっとわからないと思うけど、金属部分にホンダのロゴが入ってます。ヤンキーっぽくもないし、これならまあいいかなぁって感じ。

同封の紙にキャンペーン応募のナンバーが記載されていて、HPでそれを入力するとオーナーだけが応募できる仕組み。ドリカムのコンサート応募しときました。そんなに行きたいって感じでもないけど…
コンビニのジュースとかTUTAYAのキャンペーンとか、最近ナンバーを入力してネットで応募させる仕組みって多いね。だいたい個人情報を入力させられて、プロファイリングされる。まあオデッセイならいいけど。

前に
「この応募で楽天のお買い物ポイントがたまります」
ってヤツが携帯であって、「アホか!」と思ってすぐ切断した。 偏見ですが僕は楽天の三木谷氏がとても嫌いです。ネット業界の自由奔放な部分の芽を摘みかねん人だと思う。ただの偏見ですが。

風邪気味でちょっと調子悪かったけど、がんばって洗車もしてきました。
ガソリンスタンドの洗車チケットで割り引きしてもらって、水洗い、手ふきで400円。チケットが40枚くらい貯まってたので「一気に全部使えませんか?」って聞いたら、「10枚ずつしかダメです」だって。あと3回ここに来る気しないな…と思いながらキレイになったオデッセイで帰りました。

ブルース・オールマイティ

ブルース・オールマイティ ミラクル・エディション ブルース・オールマイティ ミラクル・エディション
ジム・キャリー (2005/07/06)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

何を隠そう僕が東京で働いていた会社を初めてサボって観た映画。行き詰まってて、もうこの時は辞めようって心のどっかで決めてたな…

僕はジム・キャリーがかなり好きである。「マスク」の演技も笑わせる。顔がアホだ。なんていうか、どっかカワイイ。「笑わせてやるぜ」みたいな意識と「演ってて楽しくて仕方ない」という感じのバランスが良くて、観てて嫌味がないとこが好き。マネしたくなる。

この映画では「I've got the power!」と音楽にノッて消火栓を吹っ飛ばすシーンが好き。せっかく神様になったのに意味ない笑。映画的にもけっこう出来はいいと思う。笑えるし、恋人のグレース(ジェニファー・アニストン:ブラッドピットの嫁さん)がいい演技で恋心も切なく楽しく描かれてる。神様役はモーガン・フリーマンだ。ぴったり過ぎるって笑。モーガンさんは「ショーシャンクの空に」よりも「ドライビングMissデイジー」のドライバー役が忘れられない。
「もし1週間だけ神様になれるとしたらあなたは何をしますか?」という映画のコピー自体は内容とそんなにマッチしてなくてイマイチだけど、観て「あらら…早く返して次のやつ観よ」とは思わないっしょ。

この映画を久しぶりにDVDで借りて、プレステ2(家にDVDプレーヤーあるのになんでやねん)で観た。会社でウダウダしてて、飛び出した時のこととか、ふと思い出した。

人生の節目って、ほんとにアホなことで始まるものだ。それは例えば消火栓を意味無く吹っ飛ばすように。

オデッセイ1周年

オデッセイ箱

HONDAからオデッセイの発売1周年を記念したカードが届いた。

最初はとうとうリコール発生かと思った笑
しかし開封してみると、次回ディーラーに行くとオリジナルのキーリングをくれるというではないか。しかもドリカムのコンサートチケット、スペシャルディナーが抽選で当たるそうである。ディナーの方は誰でも応募できる。僕のHP見てる人、応募しとけ笑

「ディナーって言ってもたいしたとこじゃないでしょ…」と調べてみた。大阪はザ・リッツ・カールトン大阪のメインダイニング「ラ・ペ」だ。フランス料理。行ったことも見たこともない。行ってみたい。やるもんだHONDA…
リコール隠しでテンヤワンヤの他社との差別化をこのへんで一気に計るつもりか。
その作戦、成功してますぜ、旦那…ヘッヘッヘ(何故か下品な靴磨きの男風)

cool drive makers

drive works/cool drive makers BEST

drive works/cool drive makers BEST

  • アーティスト: cool drive makers, NEMO
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2002/03/27
  • メディア: CD
現在はCOOL DRIVEという全部大文字の綴りの名前に変更して活動してるこのバンド、東京にいる頃、確か「あなたがすき」というシングルがTOKYO FMパワープレイ(FM802で言うところのヘビーローテーション)になってたはず…その記憶だけを頼りに天王寺のHMVにお買い物に。ありました。BEST版が出てて、そこに「あなたがすき」も入ってるみたい。で買って15曲聴いてみましたが、目当ての曲以外はイマイチでした、悲しいことに…

なんでこの曲を覚えていたかというと、会社を辞めて1年間デジハリ(お茶の水本校)に通って最後に卒業制作のCGを作った時に、エンディングムービーを作りたいなと思ってて、そこに合う音楽を探す為に色々聴いてた頃の曲だから。久しぶりに作品見ようかな、と思ったけど、作ったCGのデータがMOでしか残ってなくて、今の僕のPCにはMOドライブがありません…涙

考えてみればフルアルバムのCD買ったのなんて、かなり久しぶりなのに。。それがハズレだなんて悲しいッス涙 まあ試聴もせず買った自分も悪いけど。
やっぱり歳をとると、CD買わなくなるね。レンタルでもあんまり借りなくなるし。昔は毎月チャートの上位の曲を集めてMDを作ってたのに、これじゃイカンと思って、最近僕はMP3をタダでガシガシ集めてCDに焼いて車で聴いてます。MP3も再生できるオーディオにして良かった。でも、いつまで経っても僕が聴くのはJ-POPばっかり笑

カレンダー

09 | 2004/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Twitter

route170をフォローしましょう

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

記事数&全記事表示

⇒全タイトル表示

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

月別アーカイブ

プロフィール

プラスチックボーイ

Author:プラスチックボーイ
愛機:Canon EOS 5D Mark II
愛車:日産 NOTE 15RX
愛妻:関西人
好きな小説家:村上春樹、開高健
好きな漫画家:井上雄彦
好きな写真家:前田真三
2007年9月20日:北海道美瑛町の拓真館で前田真三氏の「麦秋鮮烈」を見て感動。
2008年5月31日:デジタル一眼レフカメラを購入、写真にハマる。
2009年10月20日:念願のフルサイズ機『Canon EOS 5D Mark II』購入。
2010年7月24日:予約1ヶ月待ちでiPhone4ゲット。

訪問者数

ランダム名言集

結婚記念日

食べログ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

Top