【た】~ダンス・ダンス・ダンス

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 ダンス・ダンス・ダンス〈上〉
村上 春樹 (2004/10)
講談社
この商品の詳細を見る

踊るんだよ、と羊男は言った。それも上手く踊るんだよ。みんなが感心するくらい。

村上春樹の一番好きな作品は世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドだと言う人が多い。なんでだろうと思う。
「『僕』的世界」こそ、この人の真骨頂だと思うんだけど。ノルウェイの森から模索を始め、羊をめぐる冒険を経て辿り着いた第一次成熟期の作品が僕は「ダンス・ダンス・ダンス」だと思う。

これは鳥山明で言えばドラゴンボールではなくDr.スランプであるということであり、井上雄彦で言えばバガボンドではなくスラムダンクであるということだ。どちらの作品もその晩年において、ある種の成熟した「旨み」みたいなものが感じられた。でもまあ、結局好みの問題なんだけど。

この作品を発表した時に村上春樹は作家デビュー10年を迎えている。40歳。「時代感覚」と「深淵に向かう思考」の二つのバランスが良い頃ではないかと思う。

サラダ、スパゲティー、小説に出てくる料理はどれも美味しそうに感じる。
女性の服装も「いいなあ」と感じる。品があって洗練されている。
主人公の友達が運転するのはマセラティ。死ぬまでに一度は乗ってみたくなる。

こういう感覚は歳をとると表現しにくくなると思う。
アフターダークではスガシカオという単語がでてくるらしい。それを聞いて、ちょっと読むのが怖くなった。

【そ】~そろばん

blog_soroban.jpg

僕は子供の頃、そろばん塾に通っていた。

他の友達よりも遅れて入塾したにもかかわらず、他の子を尻目に4級までストレートで合格し、トントン拍子で進級し続ける僕は有頂天だった。今考えれば、そんなことで有頂天になれるなんて幸せな毎日だった笑。

しかし、3級の試験に3回連続で不合格。

人生で初めての挫折。辛い現実。立ちはだかる壁。

さて、僕はどんな行動にでたのか?

「そろばんなんてやめる」と泣きじゃくり、母に電話をかけてもらい、塾の先生に「辞めると言って泣いて聞きませんので…」と告げてもらった。

そして僕は、人生のレールを踏み外していく…

わけでもない。けっこう図太い笑。

しかし今思い出しても、とても情けない話だ。
どっちにしろ連続で何回も落ちてるんだから、何か理由があるだろ。
頭打ち(そろばんの才能なんてあるんだろうか)
向いてない(向き不向きはたぶんそろばんにもある)
運命(神よ小学生に七難八苦をお与え下さい)
まあでも、少なくとも自分でやめるって電話しろよ笑。

そんなトラウマのせいで、僕は今でも、そろばんを見ると緊張してトイレに行きたくなる…なんてこともないんですけど。
♪ねがいまして~は~…(フェイドアウト系のオチにしてみました)

【せ】~セント・オブ・ウーマン

セント・オブ・ウーマン/夢の香り

セント・オブ・ウーマン/夢の香り

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日: 2004/11/26
  • メディア: DVD

 

 

目新しい映像、気の利いた伏線、予想できない結末…全ては「ありきたり」と言われない為に…そんな側面ばかりを評価基準にしていた自分を恥じた作品。この映画を観て以来、僕はこう考えるようになった。
「映画とは王道こそ華である」
この映画は盲目の退役軍人(アル・パチーノ)と苦学生(クリス・オドネル)の友情を描いた珠玉の名作です。
盲目にして壮観。寡黙にして雄弁。根底に流れているものが洗練されている。上質で、ある意味では男っぽいとも言える作品。
盲目のアル・パチーノがフェラーリをかっ飛ばすシーンは、助手席に座るクリス・オドネルの怯えた優しさがあって初めてワクワクする爽快なシーンに変わる。
blog_scent-of-a-woman2.jpg

アル・パチーノがガブリエル・アンウォーとタンゴを踊るシーンは、横でそれを眺めるクリス・オドネルの嬉しそうな表情があって初めて「名シーン」へと昇華する。
この映画でアル・パチーノがアカデミー主演男優賞を受賞したけど、脇役のこの若手俳優の力によるところも大きい。
アル・パチーノが女性の香水を言い当てるシーンが何度か出てくる。その香水を解説したブログを見つけた。 コチラ
「ジョン・ダニエルをたのむ」
「ジャック・ダニエルでは?」
「俺は付き合いが長いからジョンと呼んでいいんだ」
これが僕の好きな会話です。

【す】~すったもんだがありました

blog_miyazawa-rie.jpg

1994年の流行語大賞。

今は伊右衛門の嫁さん役ですっかり落ち着いた宮沢りえの強烈な一言。貴ノ花との婚約解消がニュースになった後だったので、世間のみんながドキッとした。

あのCM以来、「リエママ」の悪評も下火になり、すっかり宮沢りえは世間に味方される存在になった。なんともまあ皮肉なものだ。

すったもんだ【擦った揉んだ】(名詞)
種々の意見が出てもめること。ごたつくこと。副詞的にも用いる。
「~のあげく中止となる」「決定までにさんざん~した」

【し】~シズル感

blog_sizzle.jpg

SIZZLE(シズル)」:肉がジュージューと焼ける音。広告用語で、テレビCMや広告写真に出てくる食品が、生き生きと食欲をそそる状態であることを「シズル感がある」という、らしい。

広告業界の人間が「はいオッケー!いいね!でも、もうちょいシズル感欲しいかな~」などとテキトーなことを言ってるシーンがなんとなく想像できる。

しかしまあ、ものごとは、どんなモノであれシズル感が必要だ。大切だ。

「美味しい」と感じる要点はどこなのか、それは何故なのか

これを考えて構成していくことは大切だと思う。この絵の「肉汁」にあたる部分はなにか。この台詞の「ジュージュー」という音はどれにあたるのか、この文章のヨダレを誘う部分はどこなのか…そういうこと。

そして…「シズル感」のある人間でいたいものである。食べられちゃ困るけど笑

【さ】~サッポロポテト

blog_sapporo-potato.jpg

スナック菓子といえばカルビー、カルビーといえばサッポロポテト。

個人的には「バーベQあじ」のほうが好きだがこれは後発らしい。昭和47年発売というから、僕と同じ年齢だ。恐れ入ります。

正直に言うと今でもスナック菓子が好きだ。夜中に一袋ポリポリと完食してしまって、食べ過ぎたと後悔することがある。なんだかんだ言っても美味しい。

昭和50年にはあの偉大なお菓子「ポテトチップス」が発売され、カルビーは子供の心をガッチリつかんで離さないヒットメーカーとしての地位を確立していく。

高カロリーだとか歯が弱くなるだとか塩分過多だとか、「子供のお菓子としてどーなんだ?」的なことを色々言われているが、このスナックで育った世代としては「そんなことえ~やん」と言ってみたい。そんな細かいことより、偏った料理しか作らない親のほうをなんとかすればいいだけのことである。

【こ】~コンデンスミルク

blog_milk.jpg

赤色のニクイやつ、コンデンスミルク。子供の頃は練乳と呼んでましたが。

甘くて美味しい。しかし、家でコンデンスミルクを買って、最後まで使い切った記憶はない。夏に氷金時に使って、イチゴミルクに使って、気がついたら賞味期限が切れてる…こんなパターンで、甘い夢のパッケージをゴミ箱に泣く泣く捨てた記憶が数回ある。

だいたいコンデンスミルクってなんなんだ。牛乳に砂糖いれて煮詰めたもの?と思ってたら作り方のサイトがありました。コチラ

やっぱり砂糖いれた牛乳を煮るだけだ。これなら自分でも作れるな。あの甘い世界が数時間の努力(それも煮るだけ)で自分のものに。ああ、思わず目を細めて想像してしまう。駄菓子屋でオバちゃんがウエハースに練乳はさんだだけのお菓子を10円で売ってたのを思い出す。
うーん、でも買うな、やっぱ。作ってもたぶん余るし…笑。

【け】~ケトラー

blog_kettler.jpg

日清焼そば U.F.O.のCMで衝撃的かつ笑える記憶に残る秀作「UFO仮面ヤキソバン」。 いわるゆる「戦隊モノ」の極み。松本人志の「アカレンジャイ」のコントもこれよりはアトだったような…今では麒麟戦隊アミンノンジャーとかに継承されてます。

ケトラーはヤキソバンの敵だ。デーブ・スペクターの当たり役。CMが大当たりしたことから、スーパーファミコン用ゲームまで発売されたらしい。

日清のCMは面白いのが多い。そういえば昔シュワルツネッガーがヤカン持ってラッキー池田の振り付けで体操してたな~とか思ってたら、なんでも鑑定団にそのヤカンが出品されたようだ。

ちなみに松雪泰子がUFOガール ヤキソバニーに扮する続編がある。
もちろんデーブ・スペクターはケトラーDXとして続投だった笑。

【く】~クリボー

blog_mario.gif

いわるゆる「ザコキャラ」の雄。スライムと二大政党だが「憎めない度」ではクリボーに軍配があがる。スライムは「ザ・単細胞」って感じだ。エニックスの戦略でマスコット的人気を得たスライムに対し、ピクミンが歌まで出しちゃって任天堂ザコキャラ党首の座から引きずり降ろされた形となったクリボー。もう彼に陽の光があたることはないのであろうか。

「俺、クリボーが倒せなくて苦労してるんだよね…」

こんなアホはいない。
サクサクと倒されることが役割なのだ。ただ歩いてきては踏まれて死ぬ。さらばクリボー。あなたの人生はあまりにも短い。いや、画面に出現するまでに苦難の道のりがあるのか。誰も知るよしもない。ノコノコよりもダサく、クッパよりも遥かに弱く、それでいてたまにミスって噛みつかれるとムカつく。スーパーマリオでそんな役割をまっとうした貴方は偉大です。

関係ないが、いまだにスーパーマリオのオープニングBGMは記憶から薄れることがない。

♪テデッテッテデッテッ

の音楽のあとに心の中で「ウッ」とあいづちを入れてた子供は僕だけじゃなかったはずだ。

【き】~キャプテン翼

blog_captain-tubasa.jpg

キャプテン翼のアニメ放送のドリブルは、なかなか前に進まない

僕が「大人の世界って汚い」と思った最初の衝撃的引き伸ばしがコレだった。週刊ジャンプの連載に追いつかない為の苦肉の策だろうか。

逆に言えば、それがストレスになるほど、僕たちは放送を心待ちにしていた。僕たちの世代は野球よりサッカーで一流になった選手が多い。中田、小野、稲本など。

キャプテン翼ブームで「運動神経が良ければ野球をやる」の法則が崩れたのだ。つまりは今の野球界の危機はこのへんから始まってたとも言えるんですが。

セルジオ越後が「僕たちが十年かかっても出来なかったことを『キャプテン翼』は一年でやってしまった」と言ってたそうだが、キャプテン翼にはそれくらい子供が没頭する要素がたくさんあった。

ロベルト本郷…放浪の元ブラジル代表選手なんているかよ笑
オーバーヘッドシュート…混戦で頭より上に脚あげちゃ反則だって。空中で一回転して着地する選手なんていないし笑

そんな「子供だまし」とも言えるファンタスティックな要素がテンコ盛りだった。
いまだに主題歌を歌える男子は多い。

【か】~カウボーイビバップ

blog_cowboybebop.gif

ガンダムは男の定番。宮崎駿モノはまあ誰でも好きだろう。じゃあそれ以外にアニメで人に勧めることができるものはないのか。COWBOY BEBOPしかない。
ハードボイルドな世界観、JAZZっぽくてアニメのBGMとは思えない楽曲、セリフのテンポ、主人公の雰囲気、どれをとってもアニメにしておくにはもったいない。

「この目を見ろ。事故で無くして片っ方は造り物だ。そん時から俺は片方の目で過去を見て、もう一方で今を見てた 」

ルパンの足を持つ男、主人公のスパイクのセリフはシブい。

【お】~オーシャンズ12

blog_oceans12.jpg

もうすぐ公開ということで、ここで一つクイズです。

「オーシャンズ12」-「オーシャンズ11」=?

答えはキャサリン・セタ・ジョーンズ。今回の新規追加キャストは彼女。

キャサリン~が好きなので観たい、それだけです。
正直言って期待してない。たぶんそんなに面白くないはず。でもワーナーの映画館に行くとオーシャンズ12の出演俳優の等身大ポスターがドドーンと列挙されてる。公式サイトの上部にある俳優の名前、左から5人目まで一度は聞いたことがある。確かに豪華キャストなんだけど。。

blog_oceans11.jpg

実際オーシャンズ11はイマイチ面白くなかった。とんでもない偏見だが、ジョージ・クルーニーアゴがどうしても好きになれない。あのアゴで盗みなど出来るはずがない。
ちなみにジュリア・ロバーツの妊娠が直前で発覚した為、シナリオが書き換えられているらしく(関西一週間に載ってた情報笑)、その点から推測してもヤッツケな部分のある映画であることが想像できる。
その直前っぷりを推測できるのは公式サイトのキャストの順番。一番右に、「and JULIA ROBERTS」。andってなんだよ…チョイ役かよ…そんなら高いギャラ払って前回の登場人物にこだわって呼ぶ必要ないじゃん…

最後に、公式サイトは本国で作ったヤツのほうが断然格好いい。

【え】~鉛筆

blog_enpitu.jpg

あらゆる文字のモトとなり芯をすり減らした貴方に、敬意を表します。

僕らの世代で鉛筆を使わずに大人になった人はいない。
鉛筆削り、鉛筆キャップ、ロケット鉛筆、色鉛筆…鉛筆の周りにはいつも ワクワクするようなモノがあった。でもそんな文具の数々も「今は昔」の代物となったものが多い。
シャーペンを使い始め、ボールペンや万年筆に移行し、ワープロ、そしてパソコンへ。でも確かに、汗で紙がふやけることを気にしながら、鉛筆をこの手に握り、文字を綴った時代があった。

マジックとかクレヨンとか、鉛筆以外の筆記用具で書くことを許された時、ちょっぴり大人の世界に入ることを許されたような気分になったものだ。ステップアップ。背伸び。新しい感覚の獲得。

そんな小さなことで「やった」と喜べなくなってしまった僕たちが、たまに鉛筆を見て想い出すモノは、一体なんなんだろう。

【う】~鵜飼い

blog_ukai.jpg

代々世襲。
正式な職名は宮内庁式部職鵜匠
今も長良川の鵜飼のアユは皇室へ献上されている。

言葉が出ません。すごい。公職である。
しかも衣装の鵜飼用具一式122点は国の重要有形民族文化財である。「僕のお父さん鵜匠なんだ」と言える息子は果たして誇らしいのだろうか。

比べて鵜は切ない。
いくら鮎を捕まえても食べられない。ノドにつっかえるだけである。たまにごほうびのエサがもらえるだけである。鵜匠に飼われる鵜にはなりたくない。ノドをつめるのが仕事なんて悲しい。いくら夏場に晴れ舞台があると言っても切ない。

【い】~いっそセレナーデ

blog_isso.jpg

さみしい そして 悲しい
いっそ やさしい セレナーデ

というサビがいまだに耳に残るのはなんでだろう?と調べてみたら、サントリーウイスキーのCM曲として1984年に流れてたみたい。僕は小学生?

井上陽水の詩は意味不明なの(カニ食べいこう~とか)が多いけど、この歌は切ない感じねぇ。
「いっそ」という言葉は文字にして書くと、なんだかマヌケだ。

歌詞を全部見たい人はココにあります。

【あ】~アンタッチャブル

アンタッチャブル

アンタッチャブル

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2003/12/05
  • メディア: DVD

アンタッチャブルとくればM1グランプリ2004年度王者の方を連想するのが今風だけど、ここは敢えて(敢えてでもないケド)映画で。

エリオット・ネス・・・・・・・・・・・・・・・・ケビン・コスナー
ジミー・マローン・・・・・・・・・・・・・・ショーン・コネリー
オスカー・ウォレス・・・チャールズ・マーティン・スミス
ジョージ・ストーン・・・・・・・・・・・・アンディ・ガルシア
アル・カポネ・・・・・・・・・・・・・・・ロバート・デ・ニーロ

もう、そうそうたるキャストである。1987年公開。音楽はエンリオ・モリコーネニューシネマパラダイスとか海の上のピアニストとかの音楽を担当した人。娯楽映画だという前提で見ると、とても良い映画だと思う。僕はいわゆる「王道モノ」が好きである。この映画は僕の中ではかなり印象が強い。
特に有名な乳母車の階段落ちのシーンはやっぱりグッとくるものがある。有名な映画のパクりだという話もあるけど、知らなきゃ関係ない。そんなこと言ったら今の漫才は全部ダウンタウンのパクりだ。
ただ単にカッコイイ映画なのである。今年最初のオススメ。

所信表明

昨年と変わらずツラツラと日記を書いても仕方ないので、今年からは「コージ苑形式」でいこうかと思います。就職したら毎日書けるかどうかもわからないし、五十音順にネタを探していきます。

謹賀新年

blog_nenga2005.jpg

あけましておめでとうございます。

去年の8月から始めたHPも年を越しました。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、
このHPが今年閉鎖とならないことを祈り、
年賀状送ってない人はこの画像でカンベンして下さることを祈ります。

書き初めするなら、

初任給

です。

カレンダー

12 | 2005/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

route170をフォローしましょう

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

記事数&全記事表示

⇒全タイトル表示

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

月別アーカイブ

プロフィール

プラスチックボーイ

Author:プラスチックボーイ
愛機:Canon EOS 5D Mark II
愛車:日産 NOTE 15RX
愛妻:関西人
好きな小説家:村上春樹、開高健
好きな漫画家:井上雄彦
好きな写真家:前田真三
2007年9月20日:北海道美瑛町の拓真館で前田真三氏の「麦秋鮮烈」を見て感動。
2008年5月31日:デジタル一眼レフカメラを購入、写真にハマる。
2009年10月20日:念願のフルサイズ機『Canon EOS 5D Mark II』購入。
2010年7月24日:予約1ヶ月待ちでiPhone4ゲット。

訪問者数

ランダム名言集

結婚記念日

食べログ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

Top