FC2ブログ

ポートレイト・イン・ジャズ

ポートレイト・イン・ジャズ ポートレイト・イン・ジャズ
和田 誠、村上 春樹 他 (2003/12/20)
新潮社
この商品の詳細を見る


読み終わりました。

この人、本当にJAZZ好きなんだな。

1枚のレコードを何回も何回も聴いて
その音に込められた意思を深く吸い込まないと
とても書けるもんじゃないな、という紹介文ばかり。


例えば二つ引用させてもらうと、
ルイ・アームストロングの紹介文の最後はこうだ。

トランペッターはよく自分の楽器のことを「チョッパー」と呼ぶ。
肉切り包丁のことだ。1928年の録音「ウェスト・エンド・ブルース」
のきっぱりとした骨の太いプレイに耳を傾けてほしい。彼がどんなに
強靭なチョッパーを手にしていたか、きっと理解していただけるだろう。
そして彼がそのことで、どれほどの幸福を感じていたのかも。

(村上春樹「ポートレイト・イン・ジャズ」P.154より引用)


テディ・ウィルソンの紹介文の一節。

彼のピアノはただ何かをりゅうちょうに語っているだけではない。
語りかけながら、オディエンスの側の抱えている「語られざる語り」
をうまく引き出し、それを温かく自分の内に受け入れていく。
そこには脈打つハートがあり、誠実な魂があり、
うまく口では説明することのできない気持ちのやりとりがある。
だからこそ僕らはときとして、彼の演奏スタイルの中に、
人の心を癒すとくべつな装置の存在を感じとることになるのだろう。

(同上、P.196より引用)


うーん。

作家としてデビューしてからも数年間、
村上春樹が水道橋でJAZZ喫茶を経営していたことは有名だけど、
JAZZ喫茶を経営している人なら、この程度のことは書けるよ、
という代物でもない、当たり前だけど。

同時に、当時のJAZZに関わる人々には
苦悩の人生、破天荒な人生を送る人が多く、
麻薬に走る人も多かったことを知った。

JAZZは詳しくないので、
初めて聞いた名前が殆どだったけど、
文章を読んで聴いてみたくなった人が数名。

ビリー・ホリデイ
ルイ・アームストロング
クリフォード・ブラウン

このへんの人は是非聴いてみたい。


興味はあるけど、不慣れなJAZZコーナーで
アルバムを探すのは大変だな…

と思ってたら、なんと、この本にちなんだ
セレクションアルバムがあることを発見!

ポートレイト・イン・ジャズ 和田誠・村上春樹セレクション ポートレイト・イン・ジャズ 和田誠・村上春樹セレクション
オムニバス、ビリー・ホリデイ 他 (1998/06/20)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る


買いたいな。いや、買うな、これは。
スポンサーサイト



カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

記事数&全記事表示

⇒全タイトル表示

RSSフィード

月別アーカイブ

プロフィール

プラスチックボーイ

Author:プラスチックボーイ
愛機:Canon EOS 5D Mark II
愛車:日産 NOTE 15RX
愛妻:関西人
好きな小説家:村上春樹、開高健
好きな漫画家:井上雄彦
好きな写真家:前田真三
2007年9月20日:北海道美瑛町の拓真館で前田真三氏の「麦秋鮮烈」を見て感動。
2008年5月31日:デジタル一眼レフカメラを購入、写真にハマる。
2009年10月20日:念願のフルサイズ機『Canon EOS 5D Mark II』購入。
2010年7月24日:予約1ヶ月待ちでiPhone4ゲット。

ランダム名言集

結婚記念日

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top