スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狸狸亭です。

080329狸狸亭01

豚キムチ



080329狸狸亭03

カキ焼きそば



080329狸狸亭04

もちチーズ焼き




080329狸狸亭02

ジョッキが凍るくらい冷えた生ビール。


幸福。
スポンサーサイト

社員食堂

会社の社員食堂、よく行きます。

一人でも気にせず行っちゃいます。



080329社員食堂02



080329社員食堂01


これで350円なら、多少は不味くても許せます。

10,000ヒット

新卒で入社した会社で1年半の工場勤務の後、
営業として東京に転勤になったのが1996年の10月。

それまで実家を離れたことのなかった僕は、
引っ越して初めて自分の個室を持つことができた(4畳半だったけど)。


自分のテレビ、自分のビデオ、自分の電話。


そして、初めて買った自分のパソコン。

CPUは確かペンティアム133Mhzだった。


秋葉原のPCショップのオーダーメイドで
たぶん30万円くらいしたと思う。


ピッポッパと電話回線でプロバイダーに接続していた時代。
モデムの通信速度が33.6kb/psじゃなく56kb/psなのが自慢だった時代。


初めて自分のHPを作ったのが1997年。


ファイルをアップロードし
自分のHPがネットスケープで見れた時の感動はひとしおだった。




HPにフラッシュのオープニングムービーを置いたのも、
CGIのアクセスカウンターを置いたのも、たぶん1998年。

翌年、Webの世界で生きていくことを夢見て会社を退職。
1年間、専門学校でCGを勉強することに。


そんな1998年からアクセスカウンタの数字を引き継いで
このブログのアクセスカウンタは動いてます。

もう10年になるのか…




3月、アクセスカウンタの数字が10,000を超えました。


当初は重複カウントの除外方法がわからなかったし、
ユニークのアクセス数では無いと思いますが、
それでも万の単位になったのは感慨深いです。



改めて、見てくださってる方々にお礼を。

いつもありがとうございます。





080323神座ラーメン

※写真は上記とは何の関係も無い神座のラーメンです。

『ローグ アサシン』『トランスポーター』『トランスポーター2』

ローグ アサシン DTSスペシャル・エディションローグ アサシン DTSスペシャル・エディション
(2008/02/22)
ジェット・リー、ルイス・ガスマン 他

商品詳細を見る

『ローグ アサシン』
★★☆☆☆(2/5)

ダニー・ザ・ドッグのジェット・リーが良かったので、
けっこう期待しながら観たんですけど…。

サンランシスコにヤクザ街がある、という設定なんですけど、
この「ジャパニーズ・ヤクザ」が笑えるというかひど過ぎると言うか。

この設定の滑稽さを笑って観れるかどうかですかね。。





トランスポーター【廉価版2500円】トランスポーター【廉価版2500円】
(2006/01/27)
ジェイソン・ステイサム、スー・チー 他

商品詳細を見る

『トランスポーター』
★★★☆☆(3/5)

ローグ アサシンの番宣を観て借りたくなりました。
リュック・ベッソンの製作です。監督は別の人。

ジェイソン・ステイサムが演じる運び屋は
車も服も立ち振る舞いもクールです。

娯楽作品としては良い出来かなと思いました。




トランスポーター2 ハラハラ!ドキドキ!!2,500円(税込)シリーズトランスポーター2 ハラハラ!ドキドキ!!2,500円(税込)シリーズ
(2007/09/21)
ジェイスン・ステイサム

商品詳細を見る

『トランスポーター2』
★★★☆☆(3/5)

勢いで2も借りました。

ジェイソン・ステイサムの乗る車は
同じドイツ車ですがBMWからAudiに変わってます。

「そんなに上手くいっていいの?」
というアクションが増えてました。

バンテージ・ポイント

080309フォーシーズンズ13

バンテージ・ポイント
★★★★☆(4/5)


観てきました。

良かったです。

限りなく5点満点に近い4点です。




大統領暗殺事件が複数人の視点で描かれ、
各人の物語が結末に向けて繋がっていきます。


一つの物語を多視点で併記する手法を羅生門スタイルというそうです。
(黒澤明監督の『羅生門』が所以らしい)



バベルも複数の物語の併記でしたが、
「この物語たちから感じることを貴方なりに解釈してください」的。

並列構成の接点理由の明示を放棄するという、
なんというか「やりっぱなし」的なノリがありました。



その点、このバンテージ・ポイントの方が
出来栄えとしては遥かに良いと感じます。


大統領暗殺事件という明確なキーがあるので、
比べるのがおかしいんですが、
やはり構成がきっちり練られてる感じは強いです。


複数の人の物語を最終的に一つに集約して
観客が合点のいく終幕へと導いていくには、
相応の構成力と論理的な流れが不可欠。


多少のツッコミどころはありますし、
途中、同じ時間軸の繰り返しがあるので、
「また正午からスタートかよ」
という飽きを感じるところもありますが、
総じて完成度は高いです。

カーチェイスの映像も迫力満点。


ネット上の評価も平均して高いみたいです。




観終わった後に
「なんか詰めが甘かったんじゃない?」
と感じることはありませんでした。満足。

映画館で観て損のない作品じゃないかと思います。








あと、大々的にプロモーションを展開してるのがコレ↓
080309フォーシーズンズ14


面白いんでしょうかね、クローバーフィールド。
話題先行でショボイ映画じゃないことを祈ります。

今日のランチは『Four Season’s Dish(フォーシーズンズ ディッシュ)』

080309フォーシーズンズ01

久し振りにフォーシーズンズディッシュに来ました。




080309フォーシーズンズ02

ランチメニュー。どれにしようかな。





080309フォーシーズンズ03

今日はいい天気。店内は赤いブラインドが下げられ良い雰囲気。





080309フォーシーズンズ04

ランチメニュー。わかりやすい。





080309フォーシーズンズ05

さつま芋のスープ





080309フォーシーズンズ06

サラダ





080309フォーシーズンズ07

食べ放題のパンたち





080309フォーシーズンズ08

トマトソースパスタ。小エビとホウレンソ草。





080309フォーシーズンズ09

ペペロンチーノパスタ。肉みそ温玉添え。





080309フォーシーズンズ10

ケーキも売ってます。





080309フォーシーズンズ11

買いました。





080309フォーシーズンズ12

食べるのが楽しみ…。。。





「フォーシーズンズ」と名の付く店は同じ会社が運営しているみたいです。


そこそこ美味しいし、雰囲気もいいし、値段も手ごろ。

プロデュースが上手いからかな、と思ってます。


僕の家の近所に限っては、こういう統一感のあるお店は希少です。




●「フォーシーズンズ」関係の過去の記事まとめ●

フォーシーズンズバーグ(2008/01/19)
ランチ(フォーシーズンズディッシュ)(2007/10/17)
『Four Season’s Dish(フォーシーズンズ ディッシュ)』(2007/10/12)

日本料理&バー『星宙』

奥さんの誕生日のお祝いで星宙に。


080308公美誕生日星宙01




去年は香住にカニ旅行だったので2年ぶり。

星宙は「ほしぞら」と読みます。

中之島のリーガロイヤルホテルにある日本料理レストランです。




リーガロイヤルホテルの最上階にあるので、綺麗な夜景が見れます。
080308公美誕生日星宙02

堂島方面の夜景が一望できます。



でも僕がこの店を気に入っている理由は
「ホテルの最上階にある日本料理&バー」というコンセプトです。

こういうシチュエーションなのに
料理は和食というミスマッチ感が楽しいし新鮮です。


有名どころのフレンチやイタリアンと違い、
トレンドのど真ん中からは外れてるので、
はしゃぐ客、うるさい団体客が少ないとこも好きです。


あと、なんと言っても料理が美味しいです。





080308公美誕生日星宙03

こういう雰囲気。





今日は銀河会席というコースにしました。




080308公美誕生日星宙04

ほうれん草羹 敷き胡麻クリーム
才巻海老 煎り玉 アーモンド




080308公美誕生日星宙05

星宙風前菜盛り




080308公美誕生日星宙06

はまぐりの黄身真蒸 桜葉包み
松葉柚子 青味 花びら人参 大根




080308公美誕生日星宙07

季節の鮮魚三種盛り




080308公美誕生日星宙08

ますの筍包み焼
これ、めちゃくちゃ美味しかった!




080308公美誕生日星宙09

蛍いかと春大根 白玉の玉締め
わかめ餡 木の芽




080308公美誕生日星宙10

筍と五穀米の炊き込み御飯




080308公美誕生日星宙11

今月のデザート




ということで、満腹&満足。。。

期待を裏切らない味とサービスでした。






080308公美誕生日星宙13


080308公美誕生日星宙14

あと、奥さんには指輪もプレゼント。

ロング・グッドバイ

ロング・グッドバイロング・グッドバイ
(2007/03/08)
レイモンド・チャンドラー

商品詳細を見る



ロング・グッドバイ
★★★★★(5/5)

読み終わってずいぶん経つんですが。

翻訳が村上春樹ということで、評価はどうしても良くなります、はい。




僕が初めて買ったPCソフトは推理ゲームで、
その主人公は「フィリップ・マーロウ」でした。

ゲームのタイトルは忘れてしまいましたが、
やたらハードボイルドな私立探偵の話だったことを
なんとなく覚えてます。



フィリップ・マーロウが有名な探偵小説の主人公で、
その作者がレイモンド・チャンドラーであることを知ったのは
それからずっと後のことです。





それにしても。




ロング・グッドバイ




このタイトルだけで買いたくなりますね。


男同士の友情。

破綻していく友人。

その友人の中に投影される自己。



全ての男性が心の奥底にひっそりと持ち合わせている、
言葉では言い表し難い、センシティブでストイックな要素。

ハードボイルドな私立探偵フィリップ・マーロウは
その要素を請け負ってなお有り余る人物です。



村上春樹による「訳者あとがき」も読みごたえ十分です。

『ゾディアック』と『バベル』観ました。

バベル スタンダードエディションバベル スタンダードエディション
(2007/11/02)
ブラッド・ピッド.ケイト・ブランシェット.ガエル・ガルシア・ベルナル.役所広司.菊地凛子.二階堂智.アドリ

商品詳細を見る

『バベル』
★☆☆☆☆(1/5)

感化されるものが無かったです…。

私的感想なので遠慮なく、
最低の点数をつけさせていただきます。




映画は並列で複数の物語が進行します。


モロッコの山間部の親子
メキシコの家政婦と世話される子供
アメリカの夫婦
日本の聴覚障害の女子高生


それぞれの物語は様々な社会問題を含みます。

夫婦間、親子間のすれ違い、人種差別、国際関係。



それぞれの物語には共通して銃が出てきます。

でも、ただそれだけです。
観た感想は「ただ単に暗い」。



この映画を観た人は必ず、

「どうして複数の物語を見せられているのか?」
「どうして各物語は悲しいだけで“救い”が無いのか?」

という疑問を抱きます。


そして、その疑問に答えるもの、
つまり「悲しい物語を並列で見せる理由」こそが、
この映画の根底にあるもの、テーマであるはず。



でも、それぞれの物語の接点は銃だけ。
必然性の感じられる共通項がない。

結果、妙な演出と音楽だけが印象に残ってしまい、
「だから何?」という感想になります。



ずいぶん辛口なことを書きますが、
僕はこういう詰めの甘さが嫌いです。


観た人を暗く悲しい気持ちにさせてしまう話を
過剰とも言える演出を添えて、
それも並列で複数、提示するのであれば、
そこには必然性という名の“救い”があって然るべきです。

「ハッピーな要素」だけが必然性とは限りません。


「そんな事実があったのか」
「なるほど、だから複数の話を魅せたのか」
「ただ悲しいだけはない別の問題が感じられるな」

そんな“腑に落ちる”要素です。
それが無い。


アンチクライマックスだからダメなのではなく、
作りの甘い失敗作だからダメなんだ、
どうしても、そういう結論になってしまいます。


この映画で日本人の女子高生役を演じた
菊地凛子が映画賞の候補になるのは複雑な心境ですね。






ゾディアック 特別版ゾディアック 特別版
(2007/11/02)
ジェイク・ギレンホール.マーク・ラファロ.ロバート・ダウニーJr.アンソニー・エドワーズ

商品詳細を見る

『ゾディアック』
★★★★★(5/5)

バベルという最低の映画の次に観たので
若干評価が甘くなってるかも知れません。

が、歴史的事実に基づいた映画にありがちな
叙事的なタンパクさが無くて、
長編にも関わらず、飽きずに最後まで楽しめました。

主人公と一緒に謎解き、犯人探しをしている感覚があります。


世間を騒がせた実際の事件がモチーフなので、
その謎解き感覚にリアリティーが加わります。

こういう感覚を楽しめるのは、
映画の醍醐味の一つじゃないかと思います。

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

記事数&全記事表示

⇒全タイトル表示

RSSフィード

月別アーカイブ

プロフィール

プラスチックボーイ

Author:プラスチックボーイ
愛機:Canon EOS 5D Mark II
愛車:日産 NOTE 15RX
愛妻:関西人
好きな小説家:村上春樹、開高健
好きな漫画家:井上雄彦
好きな写真家:前田真三
2007年9月20日:北海道美瑛町の拓真館で前田真三氏の「麦秋鮮烈」を見て感動。
2008年5月31日:デジタル一眼レフカメラを購入、写真にハマる。
2009年10月20日:念願のフルサイズ機『Canon EOS 5D Mark II』購入。
2010年7月24日:予約1ヶ月待ちでiPhone4ゲット。

ランダム名言集

結婚記念日

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。