スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越し1周年 Ristorante 美郷

昨年の「いい夫婦の日」
2008年11月22日(土)に新居に引っ越し、
京都郊外での生活を始めてから1年が経ちました。

会社の異動のお祝いも込みで1周年記念として
嫁さんがちょっと良いお店のランチを予約してくれました。

R0011229.jpg
R0011230.jpg
R0011231.jpg
R0011232.jpg
R0011234.jpg
R0011235.jpg
河原町にある「Ristorante 美郷」です。





R0011236.jpg
僕は前情報ほとんど無しで来たので楽しみです。
さて、どんな料理が出てくるんでしょうか。




以下、お料理の写真。


R0011239.jpg
R0011241.jpg
R0011240.jpg
R0011238.jpg
R0011237.jpg
R0011243.jpg
R0011242.jpg
R0011245.jpg
R0011248.jpg
R0011254.jpg
R0011257.jpg
R0011256.jpg

Bコースを選んだんですが、
どれも美味しくて大満足です!

スタッフのサービスも行き届いていて、
とても居心地の良いお店でした。

また来てみたいなと思いました。
スポンサーサイト

嵐山の朝

3連休初日は雨の予想が一転、午前中は晴れ。

でも、紅葉のヤマ場を迎える京都は人混みもピーク。

観光客が来る前を狙って、朝7時に起きて嵐山に。


091121_大覚寺_blog_06
まだ朝8時過ぎだというのに、渡月橋の手前には大量のカメラマンが。


091121_大覚寺_blog_11
僕の撮った1枚。

「渡月橋」+「紅葉を配した嵐山」+「秋晴れの青空」を狙ってるのは
どのカメラマンもだいたい同じだと思います。

陽が昇って暖かくなってくるとモヤが出てクリアに写らなくなるし、
渡月橋の奥の山は午後になると西日の影に隠れてしまいます。

何よりこの時期、
朝9時過ぎると渡月橋の上が観光客でごった返します。

写真を撮るなら朝陽で山が照らされ始めた頃がベストです。


091121_大覚寺_blog_01
桂川にたたずむ白い鳥。
ピリッとした朝の空気に似合ってますね。



091121_大覚寺_blog_09
大沢池の紅葉が見たくて大覚寺に寄りました。


091121_大覚寺_blog_07
夜間ライトアップ中らしく、
池の正面にたいそうな華道の作品が。


091121_大覚寺_blog_02
大沢池、普段は無料なんですが、
この時期は大覚寺の拝観料とセットで500円払わないと入れません。


091121_大覚寺_blog_03
紅葉は一部のみ。見ごろはまだ先ですね。


091121_大覚寺_blog_04
大きな松の樹のてっぺんに、大きな鳥がいました。


091121_大覚寺_blog_08
嫁さんが鴨ちゃん撮影中。


091121_大覚寺_blog_10
せっかく拝観料払ったので大覚寺にも入ってきました。

「嵯峨菊展」なるものが開催中。

嵯峨菊、初めて見ました。花弁が糸のように細いです。

嵯峨天皇御愛の菊として
嵯峨御所(現大覚寺)の大沢池の島に植えられたのが始まりだそうな。


091121_大覚寺_blog_05
大覚寺に行くと、お坊さんをよく見かけます。

拝観料を取って観光客を招き入れてるだけで、
建物としてはお寺なんですから、
よく考えたらお坊さんが居るのが普通ですよね。

楊谷寺の紅葉

楊谷寺に。
091118_楊谷寺_blog_04
091118_楊谷寺_blog_01
091118_楊谷寺_blog_03
091118_楊谷寺_blog_02
091118_楊谷寺_04
091118_楊谷寺_blog_05
紅葉の木自体が少ないので、
それほど見栄えのする景色ではありませんでした。

善峯寺とインフルエンザ

091115_善峯寺blog_01
紅葉情報が「見ごろ」になってたので善峯寺へ。


091115_善峯寺blog_09
鶴太郎展やってました。
別料金で500円払うのもどうかなと思ったので入りませんでした。


091115_善峯寺blog_06
好きなショットはこれ。


あとはギャラリー的にずら~っと載せます。
まず建物系。
091115_善峯寺blog_02
091115_善峯寺blog_03
091115_善峯寺blog_20
091115_善峯寺blog_05
091115_善峯寺blog_08
091115_善峯寺blog_07


次は自然系
(嫁さんの撮影した写真が多いです)
091115_善峯寺blog_04
091115_善峯寺blog_12
091115_善峯寺blog_19
091115_善峯寺blog_13
091115_善峯寺blog_14
091115_善峯寺blog_15
091115_善峯寺blog_16
091115_善峯寺blog_18
091115_善峯寺blog_21



091115_善峯寺blog_17
撮影に勤しむ僕。ちょっと傾いてますね。


091115_善峯寺blog_10
ちょっと待ちくたびれてる嫁さん。寒かったみたいです。



091115_善峯寺blog_11
スーパーの駐車場で他人の車を撮った一枚。



帰りにスーパーで買いものして帰ったんですが、
「なんか調子悪いな…」と思ってたんです。


今朝、病院で診察してもらったら、A型インフルエンザでした。。。

THIS IS IT

091114_this is it_-7
観てきました「THIS IS IT」。

Yahoo!映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT
では、圧倒的に高評価が多いですね。

僕はレビューを読んで観に行きたくなったクチです。


評価1:ただのドキュメンタリー。リハ映像を繋ぐだけならTVの特番で十分。
評価2:故人の意思と無関係の興行は商業主義臭く嫌悪感がある。
評価3:彼の人格とパフォーマーとしての卓越した能力を改めて認識した。
評価4:彼が神格化されることも含めて、ファンとしてこの映画を全肯定

評価1と2が少なく、3と4が多い。
大衆感情の構成としては、そんな感じじゃないでしょうか。


ただ、最近死んだ一人のミュージシャンに関する映画なんですから、
評価1的な感情を抱くなら、そもそも観に行かなければ良いと思います。



映画「オペラ座の怪人」を観に行った時、お客さんの一人が
「もしかして、こういう映像がずっと続くの?」
と隣の人にコソコソ質問してたのを耳にしたことがあります。

「オペラ座の怪人という映画」を見に来たつもりが
ミュージカルを見せられて困惑したんでしょう。




マイケル・ジャクソンが死の直前まで準備を進めていたロンドン公演の
コンサート・リハーサル映像を再編集したドキュメンタリー映画です。

一応タイトルもそうなってるし、
「THIS IS IT」とう幻のコンサートをスクリーン上で実現する、
という意味も含まれてるんでしょう。


で、僕個人の感想は上記の「評価3」的なものです。

2009年6月にマイケル・ジャクソンが急逝するまで、
彼に関して音楽雑誌や何やらを真剣に読み込んだことは無かったです。

彼に関するゴシップも「半分以上は本当なんじゃないか」
と勝手に決めてたタイプです。

なのにベスト版のCDを数枚持ってます。


「この映画を観てみようかどうしようか」と迷ったからこそ
彼に関する様々な情報を知る機会を持てました。

こういう機会を多くの人に与えただけでも
この映画って意味あるのではないかと思います。


偏見があって尚、ベスト版のCDを数枚持ってたくらいです。

詳しい情報や諸々の事情を知った上でこの映画を観れば
「この人ってすごいなあ」と素直に感心します、それは。



死ぬ数か月前の50歳の男性の動きとは思えないですね。

ダンスも歌もリハーサルなので全力じゃないですけど
それでもすごいと思いました。


「歌って踊れる」という才能は
どんな時代であっても人を魅了するものです。

マイケル・ジャクソンという人物は50歳を過ぎて尚、
「歌って踊れる」才能を持つ人々の頂点に近い位置にいた

この事実がリアルに伝わるからこそ、
この映画はファン以外の人の心も動かすんじゃないでしょうか。



この映画を観てからは、
家でよくマイケルのCDを聴くようになりました。





それにしても。

自分に全く害の無い他人の行動なのに
「どうせそんなことやっても無駄さ」
と決めつけて、その意見を他人と共有しようとする

これって何故なんでしょうかね。


イチローがメジャーに移籍すると発表した時
「ただのパリーグ首位打者がメジャーで成功するはずがない」と思いました。

イチローは9年連続で200本安打を達成しました。

マイケルがロンドンで最後のライブを行うと発表した時
「もう衰えてるくせに、金目的でやっても醜態をさらすだけ」と思いました。

マイケルは衰えるどころか更なる高みを目指してリハーサルを続けてました。


このイチローとマイケルの2つの例で
「どうせそんなことやっても無駄さ」と決めつけたことによって
僕が得たメリットは何もありません。





おまけ。

映画の前にとんちんかんという
お好み焼きのお店で夕飯を食べました。

091114_this is it_-6
091114_this is it_-1
091114_this is it_
091114_this is it_-2
091114_this is it_-3
091114_this is it_-4
091114_this is it_-8
もんじゃ焼きを食べたのは久しぶり。
ここのお店のもんじゃ生地はキャベツが多くて
ネバリ成分(薄力粉)が少ない感じでした。

091114_this is it_-5
食べ終わりの鉄板が綺麗なのは
もんじゃ焼きを食べ慣れてる証だと思います。

そんなこんなで、お腹いっぱいで映画に向かったのでした。

フルサイズとAPC-Sの違い

自分の頭を整理する為のメモ。


091101_大原野神社_32-1
■Tamron SP AF90mm F/2.8 Di MACRO(Model 272E)


091101_大原野神社_31-1
■Tamron SP AF90mm F/2.8 Di MACRO(Model 272E)


今まで50Dでもさんざん使ってきたタムロン90mmマクロ。

5D Mark IIで撮るとボケ量が増えて、
気のせいか、ピントも更に薄くなった気がする。


フルサイズはセンサーサイズが36mm×24mm。
APC-Sはセンサーサイズが22.3mm×14.9mm。
各辺1.6倍、面積比で2.6倍。

フルサイズは35mm換算表示のレンズ画角がそのままあてはまる。

フルサイズ対応レンズの
イメージサークルが100%センサーに取り込める。
(APC-Sではセンサー範囲外だった部分も写る)

レンズ周辺部分の歪曲や周辺減光も含めて写る。


単純に言うとそれだけ。

見た目の画角(焦点距離)が変わるけど、
フルサイズのイメージサークルをAPC-Sがトリミングしてるだけ。


ということは、
同じF値で撮った写真は被写界深度も変わらないはず。


でも、レンズ周辺部まで含めて写真に写るので、
ピントが合ってない部分が多く写り込むんだと思う。

それが立体感とかボケ感の違いになってるんだと想像。



壁とか絵とか平坦なものを映した時は、
あまりAPC-Sとの差を感じないのも
たぶん、このへんの理由からじゃないかと思います。

光悦寺と源光庵

洛北の鷹峯地区に。

鷹峯は江戸時代の芸術家、本阿弥光悦が
徳川家康から領地として与えられた地。

光悦はここで仲間と芸術村を創ったそうです。

光悦は刀の鑑定士としても有名だったらしく、
井上雄彦の漫画「バガボンド」にも希代の刀研ぎ師として登場します。


今日は嫁さんがKiss X2で撮った写真でお届け。


091108_鷹峯blog_01
そんな光悦の本拠地、光悦寺に。


091108_鷹峯blog_02
有名な光悦垣。


091108_鷹峯blog_05
いいとこですね。


091108_鷹峯blog_04
091108_鷹峯blog_03
一部綺麗な紅葉が見れましたが、見ごろはもうちょっと先、ですね。





091108_鷹峯blog_06
源光庵に来ました。

血天井、窓ごしの紅葉が有名。

伏見桃山城で玉砕した鳥居元忠一門の手形・足形が残る床板を
伏見桃山城からわざわざ移してきて、廊下の天井板として使っています。
それが血天井。


091108_鷹峯blog_07
いい天気。


091108_鷹峯blog_09
丸いのが「悟りの窓」、四角いのが「迷いの窓」だそうです。


091108_鷹峯blog_08
枯山水の庭園を眺める人たち。


091108_鷹峯blog_10
源光庵の門。


いい気持ちで過ごせた午前でした。

摂津峡へ

THIS IS IT

明日観に行こう

と思ったけど、上演期間が延長になったらしいでの、来週にします。


相当いいらしいですよ。

トワイライト

駅前の散髪屋さんに行った帰り


091103_TWILIGHT_blog_01.jpg
5D2持って、長岡天神に寄りました。



091103_TWILIGHT_blog_02.jpg
トワイライトでした。

花の寺 勝持寺

091103_大原野blog_03
祝日、嬉しいことに雨の天気予報はハズレ。
早起きして天気を確かめたら、出かけずにはいられません。


091103_大原野blog_05
今日も来てしまいました、大原野に。


091103_大原野blog_04
澄み渡った青空です。
それにしても昨夜から、すごい冷え込みでしたね。


091103_大原野blog_02
ちなみに、大原野は洛西です。
ここは京都市西京区大原野。
田んぼと畑ばっかりの、京都の西の片田舎です。


091103_大原野blog_01
三千院の大原とは違います。
あっちは有名な観光名所、京都市左京区大原。







091103_大原野blog_07
最初はいつもここ、正法寺。


091103_大原野blog_16
ここは駐車料が無料です。
(向かいの大原野神社は駐車料金400円とりますけど)


091103_大原野blog_17
もちろん自転車は無料ですね。
ロードレーサーでこの近辺を走る人も多いです。


091103_大原野blog_06
正法寺の庭園から見える池。



動画を撮ってみました。
5D2はフルHD動画を撮れるんですけど、まだ使いこなせてません。







091103_大原野blog_15
さて、正法寺を後にして


091103_大原野blog_14
大原野神社へ。




でも今日は参道の途中で脇道に入ります。

「勝持寺(花の寺)への近道です」
という看板があったので、気になってました。




森の中を歩きます。



ピヨピヨ・・・(鳥の声)


サクサク・・・(落ち葉を踏む音)


パキパキ・・・(小枝を踏む音)




こんな道でした。




091103_大原野blog_11
森の中の道を抜けると、今度は坂道。


091103_大原野blog_08
フウ。。なんか見えてきました。


091103_大原野blog_10
紅葉の小路を抜けると


091103_大原野blog_09
お寺がありました。表札は「花の寺」。






お寺には広い庭園がありました(400円也)。

紅葉が多かったので、染まった頃は綺麗だと思います。

11月下旬にまた来てみようっと。






091103_大原野blog_13
帰り道、お寺の門をくぐりました。


091103_大原野blog_12
「勝持寺」ですね^^





091103_大原野blog_18
大原野は西山のふもとで山際なのに、すごくフラットな平地です。


畑がダ~~~~・・・と続く、のどかな風景です。


午前中は西山に東からの光が当たります。

午後になると、西山は西陽の影になります。



大原野に来るなら、午前中。

すごく眺めが良いです。





この日は前日の冷え込みもあってか、
空が澄んで、雲が高くて、雲間から射す光が綺麗でした。



091103_大原野blog_19
モノクロだと雲の光線具合がくっきりしますね。



あ~気持ち良かった^^

大原野神社

091101_大原野神社blog_01
日曜日の午前中、雨の降りだす前に


091101_大原野神社blog_06
大原野神社に。


091101_大原野神社blog_04
鹿さん、こんにちは。


091101_大原野神社blog_03
七五三ですね。





091101_大原野神社blog_02
フルサイズで撮る単焦点の味。


091101_大原野神社blog_07
やっぱり、ひと味違う、このボケ感。


091101_大原野神社blog_05
まだまだ腕を磨かねば。


ここも紅葉が良いらしいので、また来ます。

東福寺

久しぶりに晴れた週末。
先週は土日とも曇りでしたから。

東福寺に。

紅葉の季節を待たずに行ったので、
人混みはそれほどでもなく、ゆっくり観れました。


091031_東福寺blog_09
三門


091031_東福寺blog_01
本堂


091031_東福寺blog_02
通天橋(400円也)


091031_東福寺blog_11
091031_東福寺blog_05
11月に入ると毎週末、怒涛の人混みらしく
この通天橋に入るのに行列ができるそうです。

近所の駐車場の値段もアップ。

お~こわ。。。




091031_東福寺blog_06
091031_東福寺blog_03
091031_東福寺blog_07
色づいているモミジはまだ僅か。
でも、そんな紅葉を探す楽しみもアリ。



091031_東福寺blog_04
開山堂


091031_東福寺blog_10
開山堂にも庭園があります。






重森三玲の創った
「八相の庭」と称される方丈庭園に(400円也)。


091031_東福寺blog_13
南庭

091031_東福寺blog_08
北庭。
イサム・ノグチが「モンドリアン風の新しい角度の庭」と評した
重森三玲の代表作。


091031_東福寺blog_12
廊下でくつろぐ人も多かったです。



091031_東福寺blog_14
偃月橋(えんげつきょう)でマイナスイオンを浴びて
東福寺を後にしました。




091031_東福寺_31
091031_東福寺_32
091031_東福寺_33
鳥羽街道駅に続く街並み。

時間を遡ったような、懐かしさと古臭さの交錯する風景。
伏見稲荷大社の周りもこんな感じですね。



R0011190.jpg
R0011192.jpg
R0011191.jpg
お昼ご飯は
タンタンヌードゥルショップ 担担






091031_東福寺blog_17
帰り道、改修が終わったらしい西本願寺に寄り道。
これは御影堂門。


091031_東福寺blog_15
御影堂の内部。涼しい。。。


091031_東福寺blog_16
それにしても西本願寺って、グッとくる撮影ポイントが無いです。

国宝級のものが普段は観れないからでしょうね。

そのかわり、駐車場も拝観料も無料です。



朝からでかけたので、家に帰ったのは16時くらいでした。

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

記事数&全記事表示

⇒全タイトル表示

RSSフィード

月別アーカイブ

プロフィール

プラスチックボーイ

Author:プラスチックボーイ
愛機:Canon EOS 5D Mark II
愛車:日産 NOTE 15RX
愛妻:関西人
好きな小説家:村上春樹、開高健
好きな漫画家:井上雄彦
好きな写真家:前田真三
2007年9月20日:北海道美瑛町の拓真館で前田真三氏の「麦秋鮮烈」を見て感動。
2008年5月31日:デジタル一眼レフカメラを購入、写真にハマる。
2009年10月20日:念願のフルサイズ機『Canon EOS 5D Mark II』購入。
2010年7月24日:予約1ヶ月待ちでiPhone4ゲット。

ランダム名言集

結婚記念日

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。