FC2ブログ

【も】~モーガン・フリーマン

blog_morganfreeman.jpg

モーガン・フリーマンの居ないドライビングMissデイジーはただの退屈な日常劇である。モーガン・フリーマンの居ないセブンはただのブラピの一人走りである。そしてモーガン・フリーマンの居ないブルース・オールマイティはただの退屈なコメディである。

映画には彼みたいな役者が絶対に必要だ。
脇役の大切さをこれほど認識させてくれる役者はなかなか居ない。
そして脇役としての彼を語るのであれば、あえてショーシャンクの空には引き合いに出さない。わかりやす過ぎというか、ハメ過ぎというか、あの映画の完成度であれば脇役はモーガンン・フリーマンじゃなくてもOKだと思う。

大学生の時に古びたVHSのテープをレンタルしてドライビングMissデイジーを見た時、僕は自分の知らない大人の世界がまだまだあることを思い知らされた。モーガン・フリーマンは男であり、父であり、老人であり、従者であり、そして紛れもなく主人公の老女デイジーの「パートナー」だった。
脇役とは単なる2番目ではない
若い人間はそんなシンプルな意味に気付くまでに時間がかかるのである。

ブルース・オールマイティでの神様役はもうこれ以上ないハマりっぷりである。
この役がロバート・デ・ニーロだったら?アル・パチーノだったら?ましてやリチャード・ギアだったら?誰もピンとこない。彼しかいない。しかし映画は彼の効果だけで成功しているわけではない。まさに脇役の極地だ。

彼はクリープのないコーヒーが寂しいことを知らしめる役者だ。例えが古いのも良い。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://r170.blog90.fc2.com/tb.php/100-fc9abb4a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

記事数&全記事表示

⇒全タイトル表示

RSSフィード

月別アーカイブ

プロフィール

プラスチックボーイ

Author:プラスチックボーイ
愛機:Canon EOS 5D Mark II
愛車:日産 NOTE 15RX
愛妻:関西人
好きな小説家:村上春樹、開高健
好きな漫画家:井上雄彦
好きな写真家:前田真三
2007年9月20日:北海道美瑛町の拓真館で前田真三氏の「麦秋鮮烈」を見て感動。
2008年5月31日:デジタル一眼レフカメラを購入、写真にハマる。
2009年10月20日:念願のフルサイズ機『Canon EOS 5D Mark II』購入。
2010年7月24日:予約1ヶ月待ちでiPhone4ゲット。

ランダム名言集

結婚記念日

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top