スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹のススメ

風の歌を聴け

風の歌を聴け

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1979/01
  • メディア: 単行本

村上春樹(1979年「風の歌を聴け」で群像新人文学賞、デビュー)と僕が出会ったのは高校生の時です。僕が1990年代(=いわゆる青春時代)に一番読んだ作家は間違いなくこの人です。一部の短編と翻訳以外の作品は全て読みました。文庫本になっている作品はほぼ全て持っています。今でもよくこの人の作品を読み返すことがあります。
僕は手紙の書き方や人との話し方、人との距離のとり方や社会との距離の計り方、そういうものをこの人の作品から学んだ気がします。もちろん直接的に指南してくれるような部分はありませんが、その作品群から感じることが自分に役立つという予感があったのだと思います。

羊をめぐる冒険 (上)

羊をめぐる冒険 (上)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1985/10
  • メディア: 文庫

もし、まだ村上春樹を読んだことがない人にひとつ作品を薦めるとしたら何を選ぶか、これはかなり頭を悩ませるところです。
僕は「羊をめぐる冒険」を薦めます。『僕』が登場する初期の代表的三部作のひとつであること、冒険モノ的なストーリーでもあり理解しやすいこと、比較的ウェットな雰囲気が少ないこと、がその理由です。近年の作品はちょっと精神世界的な要素が強いので、好みの問題で拒否感を覚える人もいると思うので。上下巻があります。

文章はいい、論旨も明確だ、だがテーマがない

これが村上春樹の文章の中で一番自分の中に残っているフレーズです(1973年のピンボール)。大学生の時にこの一行を読んでけっこうヘコんだ気がします。バブルが崩壊して良くも悪くもテーマの無い時代でした。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://r170.blog90.fc2.com/tb.php/229-b056c4af

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

route170をフォローしましょう

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

記事数&全記事表示

⇒全タイトル表示

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

月別アーカイブ

プロフィール

プラスチックボーイ

Author:プラスチックボーイ
愛機:Canon EOS 5D Mark II
愛車:日産 NOTE 15RX
愛妻:関西人
好きな小説家:村上春樹、開高健
好きな漫画家:井上雄彦
好きな写真家:前田真三
2007年9月20日:北海道美瑛町の拓真館で前田真三氏の「麦秋鮮烈」を見て感動。
2008年5月31日:デジタル一眼レフカメラを購入、写真にハマる。
2009年10月20日:念願のフルサイズ機『Canon EOS 5D Mark II』購入。
2010年7月24日:予約1ヶ月待ちでiPhone4ゲット。

訪問者数

ランダム名言集

結婚記念日

食べログ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。