FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吾輩はキャットである。

ルー語変換』で『我輩は猫である』の冒頭を変換してみました。



吾輩はキャットである。ネームはまだ無い。どこでボーンクラッカーしたかとんとマークがつかぬ。ホワットでも薄暗いじめじめしたプレイスでニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここでスタートしてヒューマンというものを見た。しかもあとで聞くとそれはスチューデントというヒューマンインサイドペア獰悪なレースであったそうだ。このスチューデントというのは時々ウィー雷キャプチャしてボイルしてイートするという話である。しかしその当時はホワットブーケ1という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただヒーの掌に載せられてスーと持ち上げられたアワー何だかフワフワしたフィーリングラブラブがあったばかりである。掌のアッパーパートで少し落ちついて書生のフェイスを見たのがいわゆるヒューマンというものの見始であろう。この時妙なものだと思ったフィーリングがディスロケットでも残っている。第一ヘアーをもって装飾されべきはずのフェイスがつるつるしてまるで薬缶だ。アフターザットキャットはてなマークにもだいぶ逢ったがサッチリングには一度も出会わしたシングがない。のみならずフェイスのミドルがあまりに突起している。そうしてそのホールのインサイドから時々ぷうぷうとスモークを吹く。どうもスロートせぽくて実に弱った。これがヒューマンのドリンクするタバコというものであるシングはようやくこのタイム知った。



原文はこちら↓

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始であろう。この時妙なものだと思った感じが今でも残っている。第一毛をもって装飾されべきはずの顔がつるつるしてまるで薬缶だ。その後猫にもだいぶ逢ったがこんな片輪には一度も出会わした事がない。のみならず顔の真中があまりに突起している。そうしてその穴の中から時々ぷうぷうと煙を吹く。どうも咽せぽくて実に弱った。これが人間の飲む煙草というものである事はようやくこの頃知った。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://r170.blog90.fc2.com/tb.php/326-4e6a2ceb

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

記事数&全記事表示

⇒全タイトル表示

RSSフィード

月別アーカイブ

プロフィール

プラスチックボーイ

Author:プラスチックボーイ
愛機:Canon EOS 5D Mark II
愛車:日産 NOTE 15RX
愛妻:関西人
好きな小説家:村上春樹、開高健
好きな漫画家:井上雄彦
好きな写真家:前田真三
2007年9月20日:北海道美瑛町の拓真館で前田真三氏の「麦秋鮮烈」を見て感動。
2008年5月31日:デジタル一眼レフカメラを購入、写真にハマる。
2009年10月20日:念願のフルサイズ機『Canon EOS 5D Mark II』購入。
2010年7月24日:予約1ヶ月待ちでiPhone4ゲット。

ランダム名言集

結婚記念日

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。