ワルキューレ

河原町のMOVIX京都ワルキューレを観てきました。


12時30分スタートの部を観ようと、お昼前に家を出発。

12時10分くらいに映画館到着。

ところが、
映画館のチケットカウンターには大行列が。

12時30分スタートは既に満席。


理由1 : 3連休初日
理由2 : 映画の日で大人1000円
理由3 : ワルキューレは本日封切


なるほど・・・

好条件が重なると、
京都中心部で映画を観るのは覚悟が必要か。

こんな日でも堺浜のMOVIXならスイスイ観れたんですが、
あそこが特殊なんでしょうね。


15時5分スタートのチケットを買って、
嫁さんの結婚式のバッグを買いに大丸へ。

街をウロウロしてる時に写真も撮った。

090320_河原町散歩_05
開け放たれたレストランの入口。

奥に見える雰囲気の良さそうな席。
今夜はどんな人が座り、どんな料理を食べるんでしょうね。



で、感想です。

ワルキューレ
★★★★☆(4/5)

第二次世界大戦、ナチス体制下のドイツで
ヒトラー暗殺計画を企てるシュタウフェンベルク大佐、
その作戦実行の顛末にスポットをあてた映画。

主演はトム・クルーズで、実話を元にした内容らしいです。


Yahoo映画の紹介ではジャンルが「戦争サスペンス」。

エンターテイメント色も濃くて、
実話を元にしてるけどドキュメンタリー色は薄いです。


「ヒトラー暗殺は成功するのか?」

実話を元にしたその作戦のハラハラ感、
映画としての面白みの中心はそこにあります。

歴史的事実として
ヒトラーが暗殺されていないことは明らか。

話の結末は「作戦失敗」のはずなので、
わかりきったゴールまで、いかに魅せるか、ですね。

そのハラハラ感は十分にあったし、
そこに期待してたので満足です。

「戦争サスペンス」として◎。



「実話なのに史実に基づいたストーリーが希薄・・・」
という不満を感じがちな、
ドキュメンタリー性を追い求めるタイプの人にはオススメしません。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://r170.blog90.fc2.com/tb.php/527-de187f9b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

記事数&全記事表示

⇒全タイトル表示

RSSフィード

月別アーカイブ

プロフィール

プラスチックボーイ

Author:プラスチックボーイ
愛機:Canon EOS 5D Mark II
愛車:日産 NOTE 15RX
愛妻:関西人
好きな小説家:村上春樹、開高健
好きな漫画家:井上雄彦
好きな写真家:前田真三
2007年9月20日:北海道美瑛町の拓真館で前田真三氏の「麦秋鮮烈」を見て感動。
2008年5月31日:デジタル一眼レフカメラを購入、写真にハマる。
2009年10月20日:念願のフルサイズ機『Canon EOS 5D Mark II』購入。
2010年7月24日:予約1ヶ月待ちでiPhone4ゲット。

ランダム名言集

結婚記念日

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top