FC2ブログ

落ち込んだ時には『スクール・オブ・ロック』

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2004/09/17
  • メディア: DVD

どんな人生もヤマありタニありです。
勿論、落ち込む時だってあります。
そんな時に観ると良い映画はこれです。

10代はアニメに夢中。
20代前半でとんがった前衛的な映画をむさぼる。
20代後半で名作と呼ばれる映画の良さを知る。

だいたいの人がたどる映画の嗜好とは、こんな感じではないだろうか。

はたして、その中で「この作品は絶対」と言えるものに出会えるのか。

出会えます。

自分が「これだ」と思った作品を疑う必要はなく、
それは自分にとって最良の作品なのです。

が、しかし、そんな自分の中のセオリーを覆す作品に出会うことがあります。

「俺は○○系の作品は好きじゃないのよ」

「いつ観ても××の作品は最高だ」

など、年を追うごとに傾向というものが出てきますが、

そういう自分の中の感覚や常識を

スコーーーン

と飛ばして、別の世界に気付かされる、格別の領域の作品というものが存在します。

僕にとっては『スクール・オブ・ロック』がそれにあたります。

僕のつたないブログに目を通してくれている心優しい方々に、
無理なお願いをすることはとてもできませんが、

もし仮に、皆さんに何か影響を与えることを許されるなら、
とにかく一度、この作品を観てみてください。

これは名作ではありません。
秀逸な作りこみの作品でもありません。
うがった目で見れば、ウケ狙いの作品だと揶揄することも可能です。

ただ、

仮にもし貴方が、

日々何かを求め、ハングアップする日常の中に光を見出そうとする、

一人のヒューマンであるなら、

「この映画を知った後に過ごす人生」

というのは、何らかの意味を持ってくる可能性はあります。

 

前にも書きましたが、この映画は王道モノです。

ストーリーに伏線はありません。

美男美女が出る訳でもなく、

生きることを尊ぶアカデミックな作品でもありません。

 

でも、そこには、何かがあります。

劇場で震えるような一体感を感じたのは、

この映画が最初で最後です。

 

買っても損はない映画です。

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2004/09/17
  • メディア: DVD


もし、「騙された、買って損した」
と思ったら、僕に売ってください。

友達にプレゼントする為に、あと2、3本欲しいな、と思っていますので。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://r170.blog90.fc2.com/tb.php/59-915f20c4

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

記事数&全記事表示

⇒全タイトル表示

RSSフィード

月別アーカイブ

プロフィール

プラスチックボーイ

Author:プラスチックボーイ
愛機:Canon EOS 5D Mark II
愛車:日産 NOTE 15RX
愛妻:関西人
好きな小説家:村上春樹、開高健
好きな漫画家:井上雄彦
好きな写真家:前田真三
2007年9月20日:北海道美瑛町の拓真館で前田真三氏の「麦秋鮮烈」を見て感動。
2008年5月31日:デジタル一眼レフカメラを購入、写真にハマる。
2009年10月20日:念願のフルサイズ機『Canon EOS 5D Mark II』購入。
2010年7月24日:予約1ヶ月待ちでiPhone4ゲット。

ランダム名言集

結婚記念日

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top