FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑談の大切さ

ちょっとまじめな話。

 

出会い系サイトには、いわゆるサ○ラという仕事があります。

女性になりきって、男性の話相手をするわけです。

 

出会い系サイトで女性ユーザーの数が少ないというのは致命傷です。

「なんだ、出会えないじゃん」

と男性に思われたら、入会者が居なくなるからです。

お金を払うのは主に男性ですから死活問題です。

そこでサ○ラといわれる仕事で、男女のバランスを調整するわけです。

 

勿論、サ○ラといえども仕事ですから、真剣です。

ちょっとでも返事を怠っていると、どやしつけられます。

相手を怒らせたり退屈させたりして
返事をもらえなくなっても怒られます。

「お前サ○ラだろ?」

なんて突っ込まれたりしようものなら、大目玉を喰らいます。

だから返事は日々真剣です。

 

しかし、この仕事はある意味では、

人間を磨くのに役立ちます。

 

いくら自分に社会的地位があっても、

難しい文章を書くのが上手でも、

方程式を解くのが早くても、

サ○ラとなってメールを送る時には、そんなこと関係ないのです。

 

相手を退屈させるようなメールしか送れなければ、

ただの「つまんない女」「嘘っぽい女」なのです。

 

今まで自信を持っていた自分のスタイルを得意げに持ち出しても、

男性ユーザーに「そんな話つまんないよ」と一蹴されます。

 

いかに自分が偏った視点で話していたか、

いかにつまらないプライドにこだわっていたか、

いかに偏狭であったか、

そういうことを一瞬で見抜かれます。

 

シンプルなメールのやりとりには人柄が出ます。

「人の良さ」、「人の悪さ」は、隠してもにじみ出ます。

 

男性の大多数はエロ馬鹿です。

出会い系サイトの中では下心を隠す必要もないし、

本心、本能のみで行動するんでしょうね。

 

でも、だからこそ、純粋な目でこちらを見定めます。

そして、大抵の場合、その判断は、あまり間違っていません。

 

様々な人々の、色々な欲望や悩みが見え隠れして、

その誰かに自分を投影します。

 

もしかして、自分は他人に、こんなふうに映っているんだろうか…

そんなふうに自分を省みることもあります。

 

そんな訳で、サ○ラという仕事は、

人としての自分を高める作業にもなり得ます。

 

ある出会い系サイトの管理職は、

「雑談のできない奴は、ウチにはいらん」

「雑談のできない奴は、サ○ラの仕事ができん」

「結局そういう奴は、他の仕事も絶対にできん」

と言いました。

 

その話を聞いて以来、

僕は雑談のできる人間になろうと思いました。

 

あくまでも、僕の知ってる、ある職場の話です。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://r170.blog90.fc2.com/tb.php/63-1359151d

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

記事数&全記事表示

⇒全タイトル表示

RSSフィード

月別アーカイブ

プロフィール

プラスチックボーイ

Author:プラスチックボーイ
愛機:Canon EOS 5D Mark II
愛車:日産 NOTE 15RX
愛妻:関西人
好きな小説家:村上春樹、開高健
好きな漫画家:井上雄彦
好きな写真家:前田真三
2007年9月20日:北海道美瑛町の拓真館で前田真三氏の「麦秋鮮烈」を見て感動。
2008年5月31日:デジタル一眼レフカメラを購入、写真にハマる。
2009年10月20日:念願のフルサイズ機『Canon EOS 5D Mark II』購入。
2010年7月24日:予約1ヶ月待ちでiPhone4ゲット。

ランダム名言集

結婚記念日

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。