スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーリーとチョコレート工場

今日は映画を観てきました。


今回は観た映画をその日に記事にするという、
プレミアの記者のような行動に出てみたいと思います。

チャーリーとチョコレート工場 チャーリーとチョコレート工場
ジョニー・デップ (2006/10/06)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

【チャーリーとチョコレート工場】
ティム・バートン監督とジョニー・デップのコンビで贈るこの作品、
相変わらず世界観が受け入れられない人には
「まったくもってNO!」
と評される雰囲気でグリグリと進みます。

僕的には「もちろんOK!」でした。

ウンパ・ルンパと呼ばれるコビトの風刺の効いたダンスが重要なミソのようで、
英語がわかればもっと面白いんだろうな、と思いました。

原作は「チョコレート工場の秘密」という童話で、この本、僕は持ってます。

原作の少し切なくもワクワクする、子供心をピュアにくすぐる部分は減ってます。
いつもながら、かなりティム・バートン・カラーに塗り替えられてます。
原作の色を補ってありあまる「世界観」をきっちりと注入してるとこが、
良くも悪くもティム・バートン。

・なんかストーリーの展開が普通だ
・脇役のケアがきっちりできていない
・この部分こじつけっぽい

そういう部分が気になる人、
「評論者的感覚を満たしてくれないとダメ」な人は観ないほうがいいかも。
どっちかというと雰囲気を楽しむ映画です。

僕はこの監督&役者の作品の中では「スリーピー・ホロウ」が一番好きです。

スリーピー・ホロウ <コレクタ-ズ・エディション>

スリーピー・ホロウ <コレクタ-ズ・エディション>

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2000/09/20
  • メディア: DVD

この↑映画も、細部のケアが行き届いてない感あり、です。
でも、

「こう魅せたいから、こう撮った」
「この雰囲気を出す為にこの色にした」

という一気通貫の個性が感じられる映画です。良い。

んなとこで、
結論としては、【チャーリーとチョコレート工場】、オススメです。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://r170.blog90.fc2.com/tb.php/77-6da48df6

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

route170をフォローしましょう

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

記事数&全記事表示

⇒全タイトル表示

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

月別アーカイブ

プロフィール

プラスチックボーイ

Author:プラスチックボーイ
愛機:Canon EOS 5D Mark II
愛車:日産 NOTE 15RX
愛妻:関西人
好きな小説家:村上春樹、開高健
好きな漫画家:井上雄彦
好きな写真家:前田真三
2007年9月20日:北海道美瑛町の拓真館で前田真三氏の「麦秋鮮烈」を見て感動。
2008年5月31日:デジタル一眼レフカメラを購入、写真にハマる。
2009年10月20日:念願のフルサイズ機『Canon EOS 5D Mark II』購入。
2010年7月24日:予約1ヶ月待ちでiPhone4ゲット。

訪問者数

ランダム名言集

結婚記念日

食べログ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。